肉まんは飛び道具(キリッ

家庭用(Climax)になり、程よい調整を受けている拳崇。個人的には99拳崇が最高にカッコいいと思っています。超球弾より箭疾歩。龍撲鼓より龍連打。穿弓腿やーッ 穿弓腿やーッ 穿弓腿やーッ 穿弓腿やーッ thank you タイヤー …  …  … 石原さとみ可愛い誰か助けて…

.

椎 拳崇 (Sie Kensu)

技 名 ダメ
ージ

タン
発生 硬直差 備考
近A 25 3 4 +2
屈A 25 3 4 +2
遠A 25 3 4 +2
JA 45 3 5
小JA 40 3 5
近B 30 3 5 -3
屈B 30 3 4 0
遠B 30 3 5 -3
JB 45 3 7
小JB 40 3 7
近C 70 7 5 -3
屈C 70 7 6 -4
遠C 80 7 10 0 B>C派生は硬直差-1(ヒット時は+6F)
JC 72 7 7
小JC 70 7 7
近D 70 7 6 -4
屈D 80 7 7 -6
遠D 70 7 6 -4
JD 70 7 8
小JD 68 7 8
CD 75 10 13 +2
JCD 90 8 13
小JCD 80 8 13
バク転 0 0 1 全体54 キャンセルまで最短16F(17F目から動作)
龍炮捶 100 0 1 端で追撃可
GCCD 4 0 13 -15 弱13,強17,J攻撃には発生17F
A超球弾 65 6 21 +1 密着時
C超球弾 65 6 16 -7 密着時
B龍顎砕1 35 6 6
B龍顎砕2 35 6
B龍顎砕3 30 3 -28
D龍顎砕1 40 6 10
D龍顎砕2 40 6
D龍顎砕3,4 30 3 -31
龍倒打 30 4 10 -9
→鱗徹掌 30 4 -8
→疾空斬龍脚1 0 0 -30
→疾空斬龍脚2 75 10
疾空斬龍脚1 0 0 17 -30 弱走り全体27F
疾空斬龍脚2 75 10 強走り全体39F
龍爪撃 50 4 20 -3 密着最低空時、先端当て-2F
龍撲鼓1 10 0 19
龍撲鼓2-13 10 0 -13 1段階
龍撲鼓14 95 8 -2 2段階
龍撲鼓17-21 70 4 -26 3段階
EX超球弾 120 0 14 -4 密着時
EX龍顎砕1 60 0 8
EX龍顎砕2 60 0
EX龍顎砕3-7 35 0 -31
EX龍倒打1 45 0 8 -2
EX龍倒打3 45 0 -2
→EX鱗徹掌2.4 45 0 -1
→EX疾空斬龍脚 100 0 -16
EX疾空斬龍1 0 0 15 -16
EX疾空斬龍2 100 0
EX龍爪撃N 15 0 14
EX龍爪撃N1 50 0 +6 密着最低空時
EX龍撲鼓1 15 0 19
EX龍撲鼓2-16 15 0
EX龍撲鼓17 120 0 -26
神龍・超球弾 200 0 44(15) -16 時間停止29,密着時
神龍凄煌掌1 8 0 30(1) 時間停止29,スカ全体65(35)
神龍凄煌2-25 8 0
神龍凄煌26-49 0 0
神龍凄煌50 20 0
EX神龍・超球弾 330 0 39(10)  -18 時間停止29,密着時
仙氣発勁1 16 0 101(15) -2 時間停止86
仙氣発勁2-23 16 0
仙氣発勁24-45 0 0
仙氣発勁46 100 0
  • 立A、屈Aは発生4Fで、ガード時に+2の有利が取れ優秀。屈Bは五分となる
  • 遠距離Cは遠目で当てても五分。立B>遠C の派生は-1F不利となる
    • 立B>遠Cはモーションが長く、投げ間合い内では見てから1F投げが確定するので注意(間合い重要)
  • 屈Dはリーチが長く発生7Fと優秀。CDも当てれば+2F有利が取れ、判定も強い
  • 立Dは発生は遅めだが、飛びそうな所へ置いておき、隙をディレイ空キャン必殺技でフォローできる
  • 割り込みに有効な、バク転やB龍顎砕(6F発生)をもっており、防御面での不安は少ない
  • EX龍倒打(鱗徹掌止め)や龍撲鼓2段階目、ネオマはガード時の不利が少ない
  • EX龍爪撃は、発生も速くケンスウが6F有利となる
.

刻める小足&B>C派生でのヒット確認。1F投げ。頼れる0PG対空と簡易入力無敵のバク転。端投げ追撃と飛び道具に空中必殺技と、スタンダードに揃っている印象。画面端での歩き小足と端投げの2択だけでも嫌らしい。

.

肉まんを考える。 ーソンのチャプチェまんが好きだった…。)天空ペケ字拳

ケンスウのPAは、肉まんを投げるモーションとなっています(食べ物を粗末に…。この…ッ!)。以下性能。

  • PA(以下、にくま~ん!)の全体動作は46F
  • 特に攻撃判定などは持っておらず隙が生まれるだけ
  • 18F目まで弱超球弾とモーションがまったく同じ
  • 弱超球弾は全体48F

.

調べてみると、弱超球弾と比べて大きな差がなく、全体フレームの差も2Fのみ。

にくま~ん!は飛び道具では無いため、画面内に飛び道具が残っていても出すことが可能です。飛び道具ガード前に、にくま~ん!を出すことで乱舞系の技や飛込みを誘うことができるかもしれません。

広告