BGMに定評のある、配管工?のフレームデータ

米国では強キャラらしい、ビリーのフレームデータを調べました。が、フレーム上は残念な結果となってしまったと言わざるを得ません(わかってたけど)。数字上はゴミ 残念なんですけど、実は判定は強くて一方的に勝てる…!ってこともなかったです。知ってたけど。

.

ビリー(Billy)

技 名 ダメ
ージ

タン
発生 硬直差 備考
近A 25 3 6 +2
屈A 25 3 6 -2
遠A 25 3 6 +2
JA 45 3 5
小JA 40 3 5
近B 30 3 6 -1
屈B 30 3 5 -2
遠B 30 3 6 -1
JB 45 3 4
小JB 40 3 4
近C1 30 2 7
近C2 30 2
近C3 30 2 -3
屈C 70 7 4 -8
遠C 70 7 8 -4
JC 72 7 8
小JC 70 7 7
近D 70 7 6 -10
屈D 80 7 9 -9
遠D 70 7 6 -10
JD 70 7 9
小JD 68 7 9
CD 75 10 20 -13
JCD 90 8 12
小JCD 80 8 11
大回転蹴り1 40 4 8
大回転蹴り2 45 4 20 -2 発生は1段目スカ時
竿打ち 65 4 19 -5
棒高跳び蹴り 50 4 15 -9
地獄落とし 100 0 1 強制ダウン
GCCD 4 0 13 -15 弱13,強13,J攻撃には発生17F
A三節棍中段打ち 50 4 13 -9
C三節棍中段打ち 50 4 19 -12
→火炎 60 2 -24
A雀落とし 60 6 9 全体52F
C雀落とし 70 6 15 -25
旋風棍1 25 1 11
旋風棍2-9 25 1 -2
B強襲飛翔棍1 45 4 11
B強襲飛翔棍2,3 25 2 -3
D強襲飛翔棍1,2 40 3 18
D強襲飛翔棍3,4 25 2 -3
EX三節棍1 50 0 13
EX三節棍2,3 50 0 -10
→EX火炎 60 0 -22
EX雀落とし 120 0 6 -22
EX旋風棍1 20 0 9
EX旋風棍(偶数 0 0
EX旋風棍(奇数 20 0
EX旋風棍19 24 0 -12
EX強襲飛翔棍1 50 0 11
EX強襲飛翔棍2 50 0
EX強襲飛翔棍3,4 45 0 +2
超火炎旋風棍1 30 0 43(14) 時間停止29,密着
超火炎旋風棍2-6 30 0
超火炎旋風棍7 60 0 -14
EX超火炎1 9 0 38(9) 時間停止29,密着
EX超火炎2-26 9 0
EX超火炎27-40 0 0
EX超火炎41 100 0 -21
大紅蓮螺旋棍1 30 0 90(10) 時間停止80,密着
大紅蓮螺旋2-13 30 0 端~端110(30)
  • 立Aは、唯一ビリーが通常技で有利を取れる技。弱攻撃としての発生は遅い部類
  • 定番固めの、屈Bx2>立B>大回転蹴り(6A)はガード時-2Fと微不利だが、距離も離れ安心
  • 通常技最速は4Fの屈C。屈Cの出始めはビリーの当たり判定も小さくなり高性能と言える
  • ジャンプ通常技は上りJB(中段)が4F発生と強烈で、着地の隙もEX強襲飛翔棍の無敵で読み合えなくもない
  • JCは発生早く(6F)リーチもあり使いやすい。が、三節棍に食らい判定が残る
  • 三節棍中段撃ちはガード不利で、さらに三節棍に食らい判定が残る(EX版は三節棍の食らい判定なし)
    •  EX三節棍中段撃ちは、大きくガクラ値を削れるがGCABでフルコンを貰う残念仕様
  • ビリーはリーチがあり発生の早い技が、大回転蹴りしかない。確定反撃を取れない or 安い
  • 必殺技最速はEX雀落としの6F、B強襲飛翔棍やEX強襲飛翔棍は発生11Fと遅め
  • EX強襲飛翔棍の下りをガードさせればビリーが+2F。真の豪さんにてキャラ対策がなされており、コチラを参照

.

適正は、多分中堅。BGMが聞きたければ初手もありですが、Mr.カラテやサイキや炎庵との相性が悪いように思います。EX強襲飛翔棍と屈Cと大回転蹴り(6A)を主軸に、JCや投げ、昇りJBでダメ取っていく姿しか想像できません。正直通常技も微妙すぎて書くことがないんだ…。

.

仕方が無いので屈C対空を考える

雀落としやEX強襲飛翔棍がビリーの対空の強みの様に映りますが、屈Cでの対空も発生が早く、光るものがあります。

.

相手の小・中Jに合わせて早だし屈C対空を置いておくと、カウンターヒットを誘発できます。A雀落としまでは仕込んでおいてダメージアップを図りましょう。DGと場所取りさえ間違わなければ、ヒット確認から画面端まで運搬できます。

C(CH)>A雀落とし>(DC)EX強襲飛翔棍>棒高跳び蹴り(6B)>B強襲飛翔棍>屈C (約4割)

.

また屈Cの姿勢の低さを活かし、小足対空の要領で屈Cを地上ヒットさせることもできます。ハイリスクハイリターンですが、竿撃ち(4a)まで決め打ちし、ヒット確認発動コンボで大ダメージのお仕置きが期待できます。

特にEX強襲飛翔棍での追撃が安い位置では狙ってみる価値あり。相手のJCD等で相打ちを取られると状況はよくないので、その点は注意。

広告