ジャンプ攻撃をフレームで解説する3

今回は、全キャラのジャンプ全体動作の速さを調べました。

「あのキャラの攻撃って見てからガード出来ないんだけど…」というのにはワケがあるわけですね。

.

いちおう前回記事、 その1 / その2  となっています。

ジャンプのデータ一覧表(最速は赤最遅は青を示します。クリックで拡大)

J予備動作、着地硬直は全てのキャラで共通(アケのK’のJ予備動作3Fは修正されている)。

各Jの”上”はジャンプの上り~頂点までのフレーム、”下”は、下り始め~着地前までのフレーム数となります。

“J全体”は、J予備動作と着地硬直を含んだ数字になっています。

jamp_time

小・中J全体動作のまとめ

  1. 29F:庵、EX庵
  2. 30F:エリザ、シェン、京、EX京、タクマ、EXタクマ(仮)、ラルフ、クラーク
  3. 31F:アッシュ、大門、マチュア、K’、クーラ、サイキ
  4. 32F:デュオロン、バイス、テリー、キム、リョウ

やはり庵とEX庵が頭ひとつ抜けています。相手を崩していく小・中Jが早いということは、地上コンボへの繋ぎ易さに直結しています。ただし厳密にはジャンプが早い=ガードするのが難しい! という訳ではありません。以下の要素も関係します。

  • ジャンプ攻撃の発生が早い
  • ジャンプが低いかジャンプ攻撃の判定が下に強い(当たらなければどうということはない)
  • ジャンプ攻撃の動作とジャンプの動作が似ている(クーラのJC、キムのJC等々)
  • ジャンプ予備動作と、ニュートラルポーズが似ている(庵、リョウ、…レオナ?)
  • ジャンプ攻撃の硬直が特殊(京の奈落落とし等)
  • 下段や逆ガード(めくり)で揺さぶることが可能か

.

NJや大Jの全体動作が短い方が良いかは、軌道の関係もあるため一概には言えません。ただ今作は小Jからのめくりがほとんどのキャラでできません。NJが早ければめくりJ攻撃を当てやすいという利点はあります。

.

ジャンプを見てるのにガードが間に合わない理屈

以下、お話の条件。

  • 庵の近C(発生3F)
  • 小Jの全体動作29F(始動動作4+ジャンプ12+12 + 着地硬直1 )
  • 小J攻撃ヒット時の有利(12F)

庵の近C(3F) + 着地硬直(1F) + J攻撃ヒットから着地までの時間(N) ≦ 小J攻撃ヒット時の有利(12F)

J攻撃ヒットから着地までの時間(N)= 8F

結論:庵はJ攻撃をジャンプの下りの4F目以降に当てれば地上コンボに持っていける。

=庵のJ予備動作(4F) + ジャンプの上り(12F) + ジャンプの下り(4F)

庵のJ攻撃は20F発生の中段技

.

ということになります。早いですね。ただ私は庵のジャンプ攻撃は、16F発生の中段技 に近い!と思ってます。それは次回に。

広告